バティントン(英語表記)batinton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バティントン
batinton

特製のシャトルコック(羽根付きボール)や特殊なプラスチック製のボールを,杓子形(しゃくしがた)のバットでネット越しに打ち合い得点を競う球技の一種。バドミントンテニス卓球バレーボールを混合したようなゲーム。シングルスないしダブルスで行なわれ,21点先取した側が勝ちとなる。日本にはイギリスから 1960年代に伝えられた。普通は約 3.7m×11mのコートに,高さ約 1.5mのネットを張り,バドミントン式に行なうが,ネットをさらに高くしてバティントンバレーとして行なったり,膝の高さにして,直径 5cmの穴あきボールを用いたバティントンテニスとして行なうこともできる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android