コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バトガウン Bhātgāun

世界大百科事典 第2版の解説

バトガウン【Bhātgāun】

ネパールのカトマンズ盆地東部のバクタプル郡の中心都市。バクタプルBhaktapurともいう。人口13万(1993)。14~15世紀および16~18世紀(マッラ王朝分裂時代)にはマッラ王朝の首都として栄えた。その旧王宮は窓の木彫や屋根,門その他の金属細工などネワールの工芸の粋を集めた建築として有名である。町は,要所に配置されたアシュタマトリカAṣṭamātrika(ヒンドゥー教の8母神)の寺々が形づくる曼荼羅(まんだら)をなすといわれ,また中心部に高位のカースト,周辺部に低位のカーストの居住区がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android