コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バフヤ・ベン・ヨゼフ・イブン・パクダ バフヤ・ベン・ヨゼフ・イブン・パクダ Bahya ben Joseph ibn Pakuda

1件 の用語解説(バフヤ・ベン・ヨゼフ・イブン・パクダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バフヤ・ベン・ヨゼフ・イブン・パクダ
バフヤ・ベン・ヨゼフ・イブン・パクダ
Bahya ben Joseph ibn Pakuda

11世紀後半在世のスペインイスラム王朝下で活躍したユダヤの宗教哲学者。当時のユダヤ教が儀礼や倫理規定など肉体的義務を重視していたのを批判して,イスラム神秘主義アラビア新プラトン主義の影響を受けながら,自己の内部での神への心構えや献身を精神の義務として論じた『精神の義務』 al-Hidāyah ilā farā' id al-qulūb (1080頃) を著わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バフヤ・ベン・ヨゼフ・イブン・パクダの関連キーワードバランガイモロ族汎イスラム主義デリースルターン朝マドリード王宮12のスペイン舞曲スペインの歌スペインの時モロッコのスペイン領ラジャ・ソリマン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone