コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バフヤ・ベン・ヨゼフ・イブン・パクダ Bahya ben Joseph ibn Pakuda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バフヤ・ベン・ヨゼフ・イブン・パクダ
Bahya ben Joseph ibn Pakuda

11世紀後半在世のスペインのイスラム王朝下で活躍したユダヤの宗教哲学者。当時のユダヤ教が儀礼や倫理規定など肉体的義務を重視していたのを批判して,イスラム神秘主義アラビアの新プラトン主義の影響を受けながら,自己の内部での神への心構えや献身を精神の義務として論じた『精神の義務』 al-Hidāyah ilā farā' id al-qulūb (1080頃) を著わした。この著作は 1161年に,ユダ・イブン・ティボンによってヘブライ語に翻訳され,さらにスペイン語ポルトガル語イタリア語などにも翻訳されて,のちのユダヤ教敬虔主義に影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android