バプテスマ(読み)ばぷてすま

精選版 日本国語大辞典の解説

バプテスマ

〘名〙 (baptisma) キリスト教徒になろうとする人に、教会が執行する礼典。洗礼バプティズムバプティズモ
※引照新約全書(1880)馬太伝福音書「万国の民にバプテスマを施し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のバプテスマの言及

【洗礼】より

…川や教会堂内に設けられた水槽に全身を浸すもの(浸礼),手で頭に水滴をつけるもの(滴礼),手もしくは容器を用い水を注ぐもの(灌水礼)などの方法がある。洗礼と呼ぶより〈バプテスマbaptisma〉というギリシア語名をそのまま用いる方がよいと考える教派もある。洗礼の理解・方法も教会・教派によって異なっている。…

※「バプテスマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android