コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バミューダ会談 バミューダかいだん Bermuda meetings

1件 の用語解説(バミューダ会談の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バミューダ会談
バミューダかいだん
Bermuda meetings

一般に,大西洋バミューダ諸島の首都ハミルトンで行われた西側大国首脳の会談をさす。そのおもなものは 1953,57,61年に開かれた。 (1) 53年 12月4~8日アメリカの D.アイゼンハワー大統領,イギリスの W.チャーチル首相,フランスの J.ラニエル首相らによる3国会議が行われ,ヨーロッパアジアなどの諸問題を協議し,54年1月から数年ぶりにソ連を交えた四大国外相会議を開くことなどを決めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バミューダ会談の関連キーワードバミューダ諸島バーミューダ諸島Saint Georgeバーミューダトライアングルバーミューダパンツバミューダ・トライアングルバミューダ岩バミューダ[諸島]ハミルトン(バミューダ)バミューダ島の古都セント-ジョージと関連要塞群

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone