コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バヤニハン bayanihan

1件 の用語解説(バヤニハンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バヤニハン【bayanihan】

フィリピン社会でみられる伝統的相互扶助慣行のこと。村落内の道路・橋・水路作りなど住民の共同利益,共通課題解決のための無償労働提供から,農作業における労働力の互助交換,家屋の建築・移動,出産,結婚,葬儀など生活面での助け合いまですべてこの概念の中に入る。その意味でこれはきわめて一般的,包括的用語といえよう。類似の用語としてスユアン,バタリス,ダマヤン,ボリガイなど数多くみられるが,これらは使われ方にある程度限定があって,例えばスユアンは農作業での労働力互助交換,バタリスとダマヤンは生活面での助け合い,ボリガイは共同利益のための無償労働提供といった具合である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バヤニハンの関連キーワード相互扶助フィリピン海フィリピン海溝比国フィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲相互扶助論フィリピン毛頭虫感染マレーシアとフィリピン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone