コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バヤニハン bayanihan

1件 の用語解説(バヤニハンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バヤニハン【bayanihan】

フィリピン社会でみられる伝統的相互扶助慣行のこと。村落内の道路・橋・水路作りなど住民の共同利益,共通課題解決のための無償労働提供から,農作業における労働力の互助交換,家屋の建築・移動,出産,結婚,葬儀など生活面での助け合いまですべてこの概念の中に入る。その意味でこれはきわめて一般的,包括的用語といえよう。類似の用語としてスユアン,バタリス,ダマヤン,ボリガイなど数多くみられるが,これらは使われ方にある程度限定があって,例えばスユアンは農作業での労働力互助交換,バタリスとダマヤンは生活面での助け合い,ボリガイは共同利益のための無償労働提供といった具合である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone