コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バリオニクス Baryonychus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バリオニクス
Baryonychus

爬虫類竜盤目獣脚亜目バリオニクス科の恐竜。白亜紀前期,ヨーロッパに生息した。属名は「ものものしい爪」の意味。イングランドのウィールデンと呼ばれる地層で発見された。体長約 6m。前足には約 30cmの非常に大きな鎌状の爪があり,胸骨が発達。四脚歩行だったらしい。頭骨はワニに似ており,他の獣脚類の2倍の数の歯が並んでいた。化石標本の胃のあたりから酸で溶けた形跡をもつの鱗が発見されたので,魚を食べていたと考えられる。長い顎を水中に入れて魚をくわえたり,大きな爪で魚をとっていたと想像される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

バリオニクス

白亜紀前期に生息した竜盤類獣脚類の肉(魚)食の恐竜。全長約10メートル。前足の大きな爪が特徴。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

バリオニクスの関連キーワードスピノサウルス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android