コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルクーク Barqūq

1件 の用語解説(バルクークの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バルクーク【Barqūq】

1336‐99
ブルジー・マムルーク朝の創始者。チェルケス系。在位1382‐89,90‐99年。バフリー・マムルーク朝の軍司令官であったが,バフリー系軍人の弱体化に乗じ,1382年ハーッジー2世にかわりスルタン位につく。カフカス出身のチェルケス系マムルークを優先したためトルコ系軍団の反乱を招き,一時追放されるが,トルコ系軍団の内部分裂に乗じて挙兵し,再度スルタンに復位する。エジプトシリアアラブ遊牧部族の反乱を鎮圧,トルコ系の政敵を倒し,ティムールの西進を食い止めて一時バグダードを奪回する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のバルクークの言及

【マムルーク朝】より

…しかし1347‐48年のペストの大流行によって都市と農村の人口は激減し,ナーシル没後は幼少の息子たちが相次いで即位したために,実権を握るアミールたちの抗争によって政局は混乱を極めた。 この機に乗じてチェルケス人マムルークのバルクークが政権を握り,ブルジー・マムルーク朝を開いたが,この時代のスルタンは家系によらず,有力アミールの選挙によって選ばれるのが慣例であったから,軍閥相互の勢力争いは一段と激しくなった。またペストの流行も相次いだために経済状態はさらに悪化し,エジプト市場から金貨と銀貨が消失して,やがて銅貨の時代が始まった。…

※「バルクーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バルクークの関連キーワードセルジューク朝バイバルスハルジー朝プチブルジョアマムルークマムルーク朝ブルージーンズマリクシャーツグルク朝ブルージー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone