コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンジタート主義 バンジタートしゅぎVansittartism

1件 の用語解説(バンジタート主義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンジタート主義
バンジタートしゅぎ
Vansittartism

第2次世界大戦中にイギリスの外交官 R.バンジタートによって唱導された対独強硬論。バンジタートは 1930~38年外務次官をつとめたが,宥和政策に反対して N.チェンバレン首相らと争い,38~41年外務省顧問に退けられた。しかし,彼の唱える対独強硬論は,総力戦となった第2次世界大戦下,国民の精神的高揚をあおり,戦争を有利に遂行するための半官製の宣伝として利用された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone