コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンプマッピング(読み)ばんぷまっぴんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

バンプマッピング

ポリゴンで構成された3D画像の表面に、各面の向きや凹凸を定めるベクトルを貼り付ける表現方法。物体の描画では、光源からの光線ベクトルとバンプマッピングで貼り付けられたベクトルの角度などから、各ドットの明るさを計算する。特に、物体の表面を波打つように見せる場合や、無数のくぼみを作る場合に、リアルな表現ができる。ただし、各ドットごとにベクトルの計算が必要になるため処理には時間がかかる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バンプ‐マッピング(bump mapping)

コンピューターグラフィックスの三次元画像で物体の質感を表現する技法の一。物体表面に凹凸があるかのように見せること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android