コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バージニアシティー Virginia City

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バージニアシティー
Virginia City

アメリカ合衆国,ネバダ州西部にあるリーノーの南東約 30kmに位置する。 1859年入植,付近のコムストックロードの金・銀鉱山が開発された。 70年代には,人口3万前後となり,金,銀の採掘高は最高を示した。町には6つの教会と 100の酒場ができ,一夜にして大金持となった人たちのビクトリア朝風の邸宅が立並ぶほど繁栄した。しかし,75年に町は大火にあい,80年代には鉱脈枯渇し,町は急速に衰微した。人口 600 (1988推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バージニア‐シティー(Virginia City)

米国ネバダ州西部の町。19世紀後半から20世紀初めにかけて金鉱石の産出でにぎわったが、鉱脈の枯渇により衰退。現在は当時の街並みや坑道、鉱山鉄道を保存し、観光業による復興が進められている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

バージニアシティーの関連キーワードゴールド・ラッシュアメリカ合衆国

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バージニアシティーの関連情報