鉱脈(読み)こうみゃく(英語表記)vein

翻訳|vein

日本大百科全書(ニッポニカ)「鉱脈」の解説

鉱脈
こうみゃく
vein
lode

岩石中の割れ目鉱物が充填(じゅうてん)したものをといい、充填鉱物が経済的に採掘可能な場合、鉱脈という。鉱脈となる割れ目には剪断(せんだん)割れ目(断層)と張力割れ目がある。剪断割れ目に形成された鉱脈は幅が狭いのに対し、張力割れ目に形成された鉱脈は広く、10メートル以上に達することもある。鉱脈中の鉱物は鉱液とよばれる100℃以上の熱水溶液からの沈殿物である。鉱液から沈殿する鉱物は、溶解度の関係で温度により異なる。高温脈(300℃以上)は錫(すず)、タングステン、中温脈(350~200℃)は銅、亜鉛、鉛、低温脈(250℃以下)は鉛、金、銀の鉱物の産出で特徴づけられる(温度は多くの仮定の下に推定されるので、括弧(かっこ)内の数値は目安)。鉱液はその温度に対応する熱水変質作用を周囲の岩石に及ぼす。時間的に連続する一連の鉱液から沈殿した鉱物のみからなる鉱脈を一回上昇脈、複数の時期の鉱液から生成した鉱脈を多回上昇脈という。

[正路徹也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「鉱脈」の解説

鉱脈【こうみゃく】

岩石の割れ目を満たし,走向,傾斜方向にある程度連続する形の鉱床。大多数は気成鉱床熱水鉱床だが,まれに天水の作用や変成作用によるものもある。割れ目に沿う交代作用で生じた板状の鉱床を交代性の鉱脈ということがある。伊豆金鉱床,兵庫県生野鉱山の銅鉱床などは鉱脈の例。日本では古来,【】と呼ぶ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典「鉱脈」の解説

鉱脈

鉱石によって充填された破砕帯[Lindgren : 1928].(ひ)と同じ意味で,鉱石鉱物のみの鉱石あるいは鉱石鉱物と脈石鉱物が混ざった鉱石が岩石中の割れ目または割れ目群を充填して板状またはシート状をしたもの[片山ほか : 1970].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「鉱脈」の解説

鉱脈
こうみゃく
metalliferous vein

岩石の割れ目に入込んでいる板状の鉱床。気成作用熱水作用,天水降下作用などにより鉱石鉱物が沈殿したもの。鉱床としては最も普通にみられる型。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「鉱脈」の解説

こう‐みゃく〔クワウ‐〕【鉱脈】

岩石の割れ目を有用鉱物が満たしてできた板状の鉱床。多くはマグマから出た熱水溶液が鉱物を沈殿させてできる。
[類語]地層炭層油層・泥炭層・砂礫層・鉱床金脈岩盤古生界中生界新生界第三紀層第三系洪積層沖積層断層活断層露頭

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「鉱脈」の解説

こうみゃく【鉱脈 vein】

岩石のひび(裂罅(れつか))や断層などの割れ目を満たして有用な鉱物が生成している鉱床。鉱化流体が岩石の割れ目に沿って流動して鉱物を沈殿させたものが,もっとも一般的な鉱脈である。ふつう板状で,大規模なものでは水平方向に数km,垂直方向(脈が傾いている場合には傾斜延長方向)に3km,脈幅は数十mに達するものがある。形態による人為的な分類であるから,多数のこまかい割れ目が密集している場合は鉱染鉱床となり,割れ目の一部分が肥大して筒状~芋状となれば塊状鉱床とよばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

NFT

《non-fungible token》複製・偽造の不可能な証明書を付与したデジタルデータ。また、その技術。アート作品など、複製でないことに価値があるものに、それが唯一のデータであることを証明する情報...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android