大火(読み)たいか

精選版 日本国語大辞典「大火」の解説

たい‐か ‥クヮ【大火】

[1] 〘名〙 (「だいか」とも)
① 大規模な火事大火災。《季・冬》
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)二「この家は、すてに大火(タイクヮ)(〈注〉オホキナルヒ)のためにやかる」 〔列子‐黄帝〕
② 大規模に燃える火。
※往生要集(984‐985)大文一「或増劫、或滅劫、大火焼汝身
③ ((二)の星が宵のうちに真南に在るのは旧暦の六月であるところから) 夏の熱気。猛暑。
※常山文集(1718)亨・立秋雨「大火已西流、郊墟涼気浮」
[2] 中国古代、天の赤道を十二分したその第十一。二十八宿の氐(てい)・房・心の三宿に当たる。心の主星がアンタレス。また、さそり座のアルファ星アンタレスのこと。中国では、これが南中したときを夏至(げし)としていた。火(か)
※二中暦(1444‐48頃か)五「歳次 子 玄、星紀、析木、大火、寿星、鶉尾」

おお‐び おほ‥【大火】

〘名〙 激しく燃える火。また、大火事。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「大火」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大火の言及

【アンタレス】より

…ギリシアの軍神アレスArēs(ローマではマルスMars)が火星と結びつき,この星の色が赤いことや,火星がこの付近にやってくることから,ant‐Arēs(火星に対するもの)という名がついたのであろう。中国名は火(か),大火(たいか),火星などという。日本では赤星(あかぼし),酒酔い星などの名がある。…

※「大火」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android