コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バースタイン効果 Burstein effect

法則の辞典の解説

バースタイン効果【Burstein effect】

半導体の光吸収スペクトルにおいて,キャリア濃度(伝導電子,または価電子帯正孔の濃度)を変えると吸収端が移動すること.キャリア密度が大きくなると,吸収端は短波長(つまり高エネルギー側)に移動する.バースタイン‐モス効果*ともいう.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

バースタイン効果の関連キーワードバースタイン‐モス効果半導体

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android