コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パイシャーチー語 パイシャーチーごPaiśācī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パイシャーチー語
パイシャーチーご
Paiśācī

広い意味でのプラークリット語の一つ。1世紀ないし2世紀にグナーディヤが書いた『ブリハットカター』 Bṛhatkathāという本に用いられていたといわれるが,現存せず,その引用が後世の文法書などにみられるにすぎない。カシミール語などのダルド諸語につながりをもつと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のパイシャーチー語の言及

【ブリハット・カター】より

…古代インドの亡失した大説話集。作者グナーディヤGuṇādhyaの伝記,年代(3~7世紀の間)は明らかでない。10万頌の詩句から成り,パイシャーチーPaiśācī語という俗語で書かれたと伝えられ,バッツァ国のウダヤナ王の結婚と王子ナラバーハナダッタの冒険物語を枠物語とする説話集であったらしいが,原本は散逸して現存せず,サンスクリットで要約した改作本が数種伝わっている。改作本のうち最も有名なのはソーマデーバSomadeva(11世紀)の《カターサリットサーガラKathāsaritsāgara》で,18巻2万1388頌の美しいサンスクリットの韻文から成り,350種の興味ある物語を含んでいる。…

※「パイシャーチー語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パイシャーチー語の関連キーワードプラークリット文学インド文学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android