後世(読み)コウセイ

デジタル大辞泉の解説

こう‐せい【後世】

自分たちの生きている時代のあとに来る時代。のちの世。「後世に名を残す」
のちの世の人。子孫。「後世に伝えたい文化遺産

ご‐せ【後世】

仏語。
死後の世界。あの世。来世。後生(ごしょう)。のちのよ。「後世を弔う」→現世(げんせ)前世(ぜんせ)
来世の安楽。「後世を願う」

ご‐せい【後世】

ごせ(後世)

のち‐せ【後世】

のちの世。こうせい。
「我が心、書いて―に留めたや」〈浄・今宮の心中

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうせい【後世】

のちの時代。のちの世。また、のちの世の人。子孫。 「 -に名を残す」 → 後生(補説欄)

ごせ【後世】

〘仏〙
死後の世界。来世。後生ごしよう。 → 前世現世
来世での安楽。後生善所ごしようぜんしよ。 「 -を願う」
[句項目] 後世を弔う

ごせい【後世】

ごせ(後世)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後世の関連情報