後世(読み)ごせ

精選版 日本国語大辞典「後世」の解説

ご‐せ【後世】

〘名〙 仏語。
① 生まれかわった後の世。後生(ごしょう)。来世。
※落窪(10C後)四「我が子ども七人あれど、かく現世後世嬉しき目見せつるや有りつる」 〔色葉字類抄(1177‐81)〕〔大集経‐一六〕
② 死後の世界で幸福に暮らすこと。後世の安楽。
※観智院本三宝絵(984)中「ただ願はくは大徳後世を引導し給へ」
[語誌](1)類義の「後生(ごしょう)」が来世のために積む功徳の方へ意味を広げていったのに対して、「後世」は、「後世を願う」などの、極楽往生を願う場合の用法が多く、それが転じて②のように死後の安楽そのものを意味するようになった。
(2)漢音よみのコウセイは、「色葉字類抄」には見えないが、「文明本節用集」では「孝経」の引用部分に見え、仏教語としてのゴセとははっきり区別されていたと思われる。

あと‐せ【後世】

〘名〙
① 跡目を継ぐ人。相続人。
② 後添いの夫。後夫(ごふ)

こう‐せい【後世】

〘名〙
① 後にくる時代。のちの世。後代。
※続日本紀‐養老五年(721)一〇月丁亥「冝〈略〉謚号称其国其北郡朝庭馭宇天皇。流伝後世
※却来華(1433)「当道の家名を、後世にのこすべき人躰あらずとおもひけるやらん」 〔易経‐繋辞下〕
② 後の世の人。子孫。
※菟玖波集(1356)序「美誉雖後世、佳句不遺音」 〔史記‐秦始皇本紀〕
※洒落本・不仁野夫鑑(1787)序「古方でもなく後世(コウセイ)でもなくせう事なしの山師の玄関見脈」

ご‐せい【後世】

〘名〙 =ごせ(後世)
※江戸から東京へ(1922)〈矢田挿雲〉八「髪を剃って文恭院様の後世(ゴセイ)を弔ふことを許された」

のち‐せ【後世】

〘名〙 のちの世。こうせい。末代。
※浄瑠璃・今宮心中(1711頃)下「ふでもあれかし我心かいてのちせにとどめたや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「後世」の解説

ご‐せ【後世】

仏語。
死後の世界。あの世。来世。後生(ごしょう)。のちのよ。「後世を弔う」→現世(げんせ)前世(ぜんせ)
来世の安楽。「後世う」

こう‐せい【後世】

自分たちの生きている時代のあとに来る時代。のちの世。「後世に名を残す」
のちの世の人。子孫。「後世に伝えたい文化遺産」

のち‐せ【後世】

のちの世。こうせい。
「我が心、書いて―に留めたや」〈浄・今宮の心中

ご‐せい【後世】

ごせ(後世)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android