コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パソ Paso, Fernando del

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パソ
Paso, Fernando del

[生]1935
メキシコの作家。現代社会の矛盾を浮彫りにした『ホセ・トリーゴ』 Jose Trigo (1966) でビリャウルティア賞,アンチヒーローの華麗な冒険を語った『メキシコのパリヌロ』 (78) で 1982年ロムロ・ガリェゴス賞を受賞。ほかにメキシコ皇帝マクシミリアンの悲運を語った『帝国の情報』 Naticias del Imperio (87) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のパソの言及

【スペイン演劇】より

…作家として,また役者としても活躍したが,当時イベリア半島を巡回していたイタリアの劇団から多くの影響を受けている。彼のパソpasoと呼ばれる笑劇は,〈黄金世紀〉のエントレメスentremésの直接的前身であり,また,後のグラシオーソgraciosoに通ずる道化役の創造もみられる。この頃には演劇活動は,特定の宗教上の祭日(聖体祭,謝肉祭,降誕祭など)以外の日にも上演ができるようになり,さらに,宿屋や居酒屋などの中庭などでも上演されるようになった。…

【ルエダ】より

…スペインの劇作家。金箔職人であったが,職を捨てて劇団を組織し,座長として,また自ら役者としても活躍した。作家としては,イタリア演劇の影響の強い作品4編を残しているが,重要なのはパーソと呼ばれる短い笑劇である。これは主として幕間に上演されたが,民衆の生活をおもしろおかしく扱った写実性の強いもので,〈黄金世紀〉のエントレメスの前身である。また,ここに現れる人物は,後の道化役(グラシオーソ)の前身と考えられる。…

※「パソ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パソの関連キーワードタカハシ・ヌニェス ルイス・アベラルドコンパック・コンピューター[会社]notebook computerリオ・グランデ川(アメリカ合衆国)モバイルコンピューティングデスクトップコンピューターオールインワン型パソコンノート型コンピューターセビリャのセマナサンタWake on LANマリアーノ アスエラウィンドウズモバイルmini towerリオ・グランデ[川]シウダード・フアレスノートブックパソコンプリンターバッファージェームス ディーンPCカードスロットシウダー・フアレス

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パソの関連情報