コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矛盾 むじゅんcontradiction

翻訳|contradiction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

矛盾
むじゅん
contradiction

2つの名辞命題間で,同一の要素を同一の観点からみた場合,同時に一方が肯定し他方が否定するとき,この両者の関係をいう。特に伝統的論理学では,全称肯定命題と特称否定命題,全称否定命題と特称肯定命題の関係を矛盾対当と呼んだ。上の定義は形式論理学 (→三段論法 ) によるもので,アリストテレスにさかのぼり,伝統論理学も踏襲したものである。なお,現代論理学では要素命題がいかなる値をとっても偽である命題を的といっている。弁証法にあっては,矛盾は単に除去されるべき消極的なものではなく,発展の契機,克服の対象として積極的にとらえられている。特に唯物弁証法にあっては,この矛盾が客観的事物のなかに存在していると考え,矛盾の発生やその克服を発展に不可欠の要素としている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

む‐じゅん【矛盾/矛×楯】

[名](スル)
ほこたて
《昔、中国のの国で、矛(ほこ)と盾(たて)とを売っていた者が、「この矛はどんなかたい盾をも突き通すことができ、この盾はどんな矛でも突き通すことができない」と誇ったが、「それではお前の矛でお前の盾を突けばどうなるか」と尋ねられて答えることができなかったという「韓非子」難一の故事から》二つの物事がくいちがっていて、つじつまが合わないこと。自家撞着(じかどうちゃく)。「発言の―を突かれる」「二人の話が―する」
論理学用語。
伝統的論理学で、二つの概念または命題が一定の事象を同一の観点から同時に、一方が肯定し他方が否定する場合の両者の関係。
命題論理学で、複合命題からなる論理式の各要素命題にいかなる真理値を与えても必ず偽となる式。
ヘーゲル弁証法で、概念の発展に必要不可欠な契機。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

矛盾【むじゅん】

中国の故事――矛(ほこ)と盾(たて)の商人がいて,〈この矛はどんな盾をも貫き,この盾はどんな矛をも通さない〉と言い,〈では,当の矛でその盾を突けばどうなるか〉と問われ反答に窮した(《韓非子》)――に由来する語。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

とっさの日本語便利帳の解説

矛盾

矛と盾を商う者がいて、この盾の堅牢さは通すものなしと誉め、またこの矛の鋭利さは通さざるものなしと誇った。見物の人が問う「子の矛を以て子の盾を通さば如何?」。商う者には答えがなかった。韓非はここでは賢人権勢とが相容れないという「矛盾の説」をなした。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むじゅん【矛盾 contradiction】

中国のつぎの故事に由来する語。〈楚の国に矛(ほこ)と盾(たて)を売る商人がいて,“この矛はどんな盾をも貫き,この盾はどんな矛も通さない”といったが,“では,その矛でその盾を突いたならば,どうなるか”と問われて返答に窮した〉(《韓非子》)。それゆえ,元来,つじつまのあわぬこと,筋の通らぬこと,あるいは物事が齟齬(そご)・対立することの意味に用いられてきたが,多くは論理的な意味で,あることを同時に肯定し,かつ否定することとして用いられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

むじゅん【矛盾】

( 名 ) スル
ほこと盾たて。ぼうじゅん。
つじつまが合わないこと。物事の道理が一貫しないこと。撞着どうちやく。 「論旨の-をつく」 「前後-した意見」 〔昔、楚の国に矛と盾を売る者がおり、この矛はどんな盾をも貫き、この盾はどんな矛も通さないと言ったところ、それを聞いた人にその矛でその盾を突いてみよと言われ困ったという「韓非子難一」の故事から〕
〘論〙 〔contradiction〕
論理学で、二つの命題が相互に一方が真であれば他方は偽であり、一方が偽であれば他方は真であるという関係にあること。例えば「 A である」と「 A でない」。また、そうした二命題の連言命題。例えば「 A でありかつ A でない」。「反対(contrary)」とは区別される。
弁証法で、相互に排除し対立しあいながら連関しあう二契機の間の関係。
武器をとって戦うこと。敵対すること。 「 -ニ及ブ/日葡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矛盾
むじゅん
contradiction

矛盾ということばは、いかなる盾(たて)をも突き通す矛(ほこ)と、いかなる矛をも防ぐことができる盾が同時に存在することはありえない、という中国の故事から発している。このように、同時に成り立つことができない二つの命題は互いに矛盾しているといわれる。また、命題「A」と命題「Aでない」が同時に導かれる場合に、矛盾がおきたということもある。
 矛盾は二律背反という形で古代から知られていた論理学上の現象であったが、19世紀末以来発展してきた近代論理学と、それに基づく数学基礎論の出現によって、矛盾という問題は重大化してきた。すなわち、「それ自身をメンバーとして含まない集合の集合」はそれ自身に含まれると同時に含まれない、というラッセルの二律背反の発見によって、数学とくに集合論が本当に矛盾するかどうか、矛盾するとするならば、いかにそれを回避できるかということが、数学基礎論の直面する基本的問題として提起されるに至った。そして、算術、集合論といった公理系が矛盾しない、つまりその無矛盾性の証明が企てられるようになった。
 しかしながら、矛盾は数学その他の証明において絶えず用いられていることを忘れてはならない。たとえば、ある命題から矛盾が導かれるならば、その命題は否定されるという背理法がその例である。[石本 新]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

矛盾の関連キーワードピルツ‐ヴェストファール現象ラッセルのパラドックスゲーデルの不完全性定理資本主義の基本矛盾シック・エト・ノン金持ち小銭に困る宇宙の地平線問題ガラッシ瞳孔現象インテグリティー認知的不協和理論ヘーゲル弁証法ダブルバインド人民内部の矛盾修正資本主義オクシモロンアノマリー敵対的矛盾公共の福祉否定の否定Wバインド

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

矛盾の関連情報