コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パドゥーラ修道院 パドゥーラシュウドウイン

1件 の用語解説(パドゥーラ修道院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

パドゥーラ‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【パドゥーラ修道院】

Certosa di Padula》イタリア南部、カンパニア州の町パドゥーラにあるカルトジオ会の修道院。正式名称はサンロレンツォ修道院。14世紀初頭、トンマーゾ=サン=セベリーノにより創設され、同国第2の規模を誇る。大部分はバロック様式で、世界最大級の回廊がある。現在、西ルカニア考古学博物館になっており、先史時代から古代ギリシャ時代までの遺跡からの出土品を展示している。1998年に「パエストゥムベリアの古代遺跡群を含むチレントディアノ渓谷国立公園パドゥーラのカルトジオ修道院」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パドゥーラ修道院の関連キーワード業況判断DIパビア修道院先行判断DIBaru CaṇḍīdāsCione,N.didi-kuDi ManesPietro,S.diMaḍīq Tīrānパエストゥムとヴェリアの古代遺跡群を含むチレントとディアノ渓谷国立公園とパドゥーラのカルトゥジオ修道院

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone