コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パフラビー文字 パフラビーもじ

世界大百科事典 第2版の解説

パフラビーもじ【パフラビー文字】

ササン朝ペルシア後期以後ゾロアスター教の書物を記すのに用いられているパフラビー語の文字。起源は22の子音文字から成るアラム文字で,これがイラン系の言語を写すのに用いられるようになると,いくつかの文字はアラム語系のイデオグラム(表意文字)のみに用いられるか,あるいはまったく用いられなくなり,また残りの文字のうちgとdとy,’(アレフ)とh,wとnとrがそれぞれまったく同形となって最終的には14文字を数えるのみとなった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

パフラビー文字の関連キーワードターク・イ・ブスタンササン朝ペルシアビャクダンアベスタ語イラン学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android