熊本(読み)クマモト

デジタル大辞泉の解説

くまもと【熊本】

九州地方中西部の県。もとの肥後国にあたる。人口181.7万(2010)。
熊本県中西部にある市。県庁所在地。市内を白川が流れる。江戸時代には細川氏の城下町。平成8年(1996)中核市に指定。平成20年(2008)に富合町を、平成22年(2010)に城南町・植木町を編入。平成24年(2012)より指定都市。人口73.4万(2010)。
[補説]熊本市の5区
北区中央区西区東区南区

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くまもと【熊本】

九州地方中西部の県。かつての肥後国全域を占める。北東部は阿蘇山、南部は九州山地となり、西部は島原湾・八代海に面して熊本平野・八代平野がある。西に突出する宇土半島の先に天草諸島がある。県庁所在地、熊本市。
熊本県中部の市。県庁所在地。九州のほぼ中央に位置する交通の要地。細川氏の城下町で、熊本城を中心に市街を形成。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くまもと【熊本】

[一] 熊本県中央部にある地名。県庁所在地。古くは肥後国の国府所在地で、古墳も多い。近世初期、加藤清正熊本城築城により繁栄。江戸時代は細川氏五四万石の城下町。明治維新後は鎮西鎮台(のち第六師団)が置かれ、九州の軍事的中心となる。鹿児島本線豊肥本線などが通じる交通の要地藤崎八幡宮水前寺公園などがある。明治二二年(一八八九)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熊本の関連情報