コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラトグラム palatogram

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パラトグラム
palatogram

舌と硬口蓋との接触を示す図で,口蓋図ともいう。ある音を発する際に舌が口蓋のどの部分に触れるかがわかるので,おもに調音運動の分析や発音訓練に用いられる。従来は口蓋 (あるいは薄い人工口蓋 ) に粉を吹きつけて1回ごとに接触を観察したが,現在では数十個の電極を埋めた動的人工口蓋をコンピュータと連動させて用いることにより,舌の動きの時間変化も調べることができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android