コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口蓋 こうがいpalate

翻訳|palate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

口蓋
こうがい
palate

口腔の上壁にあたる部分をいう。前方部を硬口蓋といい,ここは上顎骨の口蓋突起と口蓋骨の水平板があるので硬い。のどの奥のほうの後方部を軟口蓋といい,その内部に骨を欠き,多くの横紋筋を有する。その後端は遊離して口蓋帆となり,その中央部は細く垂れ下がって,口蓋垂 (俗にいうのどちんこ) となっている。口蓋垂はよく動き,口腔と咽頭の境である口峡の広さを変える働きをする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐がい【口蓋】

口の中の上側の壁。前方の約3分の2を硬口蓋、その後方を軟口蓋という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

口蓋【こうがい】

脊椎動物において口腔の上壁で鼻腔との境をつくる部分。魚類では口腔と鼻腔がつながらないが,両生類以上では内鼻孔でつながる。前方の広い範囲は骨がその基礎をつくるので,硬口蓋と呼ばれ,後方の狭い範囲は内に骨がなく横紋筋を多くもつので軟口蓋と呼ばれ,いずれも多数の粘液腺をもった粘膜でおおわれる。
→関連項目

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうがい【口蓋 palate】

一般に脊椎動物における口腔つまり口の空所の天井をいう。鳥類,大半の爬虫類,およびそれ以下の動物のもつ口蓋と,一部の高等爬虫類および哺乳類の口蓋とは構造がまったく違うので,前者を一次口蓋,後者を二次口蓋とよんで区別する。ふつう魚類では,鼻孔は口の付近にある嗅覚をつかさどる1対の穴で,口腔には通じないから鼻腔というものがない。したがって口腔の天井は一定の骨格を中核とする上顎の口腔面が粘膜に覆われたもので,このような口蓋が一次口蓋の最も単純なものである(ただし,軟骨魚類では,口腔内面は楯鱗(じゆんりん)で覆われている)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうがい【口蓋】

口腔の上壁。前方の大部分は内部に上顎骨と口蓋骨があり硬く(硬口蓋)、後方の約3分の1は筋肉を含んで軟らかい(軟口蓋)。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

口蓋の関連キーワード扁桃肥大(口蓋扁桃肥大)器質的構音障害パラトグラフパラトグラム口唇口蓋裂慢性扁桃炎調音器官硬口蓋音突厥文字上顎神経前舌母音人工口蓋中舌母音構音障害扁桃炎大部分口腔癌口蓋化口蓋裂上顎音

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

口蓋の関連情報