コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工口蓋 じんこうこうがいartificial palate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人工口蓋
じんこうこうがい
artificial palate

単音または短い連音の調音において,舌の触れた部分に印がつく (粉がとれるなどの) ようにした上歯,歯茎,口蓋の型で,硬口蓋にはめ込んで発音したのちに取出して調べる。そのときの図形を写生したり写真に撮ったりしたものをパラトグラムという。調音点 (域) を知るための一種の実験器具である。生理上,口蓋の奥寄りのほうの接触はこの方法では明らかにすることができない。従来は1回ごとの接触しか調べられなかったが,この点はコンピュータと連動させた動的人工口蓋により解消された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android