パラナイバ川(読み)パラナイバがわ(英語表記)Rio Paranaíba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パラナイバ川
パラナイバがわ
Rio Paranaíba

ブラジル南東部を流れる川。ラプラタ川をつくるパラナ川の源流。ミナスジェライス州中部,マタダコルダ山脈西斜面に源を発し,北西流したのち,同州の西方への突出部の北側の州境をなしながら西流,南流し,南緯 20°付近で,同突出部の南側の州境をなして西流してきたグランデ川と合流してパラナ川となる。全長約 1000km。沿岸ではダイヤモンドの採取が行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android