コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラムシル[島] パラムシル

百科事典マイペディアの解説

パラムシル[島]【パラムシル】

日本語では幌筵(ほろむしろ)とも。千島列島北端部の島。数個休火山活火山があり,最高点チクラツキー山で標高1815m。1945年までの日本領時代には北洋漁業の中継基地であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パラムシル[島]【Paramushir】

ロシア連邦東端,千島列島北部の大きな火山島。日本名は幌筵(ほろむしろ)島。千島に住むアイヌはポロ・モシリ(広大な島)と呼んだ。北は幅約2kmのパラムシル海峡をへだててシュムシュ島に,南は第四クリル水道をへだててオネコタン島に対する。また南西約15km沖にアンツィフェロフ島がある。島は北東~南西に長くのび,長さ約105km,幅20~30km。面積約2040km2。島は多くの火山体や溶岩台地からなり,北部に活火山エベコ山(1136m),南にチクラツキー山(1815m),カルピンスキー山(1345m)などがあるほか,南端には低湿地がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パラムシル[島]の関連情報