コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラムシル[島] パラムシル

2件 の用語解説(パラムシル[島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

パラムシル[島]【パラムシル】

日本語では幌筵(ほろむしろ)とも。千島列島北端部の島。数個の休火山活火山があり,最高点チクラツキー山で標高1815m。1945年までの日本領時代には北洋漁業の中継基地であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

パラムシル[島]【Paramushir】

ロシア連邦東端,千島列島北部の大きな火山島。日本名は幌筵(ほろむしろ)島。千島に住むアイヌはポロ・モシリ(広大な島)と呼んだ。北は幅約2kmのパラムシル海峡をへだててシュムシュ島に,南は第四クリル水道をへだててオネコタン島に対する。また南西約15km沖にアンツィフェロフ島がある。島は北東~南西に長くのび,長さ約105km,幅20~30km。面積約2040km2。島は多くの火山体や溶岩台地からなり,北部に活火山エベコ山(1136m),南にチクラツキー山(1815m),カルピンスキー山(1345m)などがあるほか,南端には低湿地がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パラムシル[島]の関連キーワードウルップ島千島千島火山帯千島列島ポナペ島樺太千島交換条約コミ千島海峡ロシア連邦Охотск

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone