コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンパシフィック水泳選手権 ぱんぱしふぃっくすいえいせんしゅけん Pan Pacific Swimming Championships

1件 の用語解説(パンパシフィック水泳選手権の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

パンパシフィック水泳選手権

環太平洋地域の国々を中心として開催される水泳大会。オリンピック世界水泳に次ぐ世界3大大会の一つと位置づけられており、4年に1回開催される。1984年に、米国・カナダオーストラリア・日本の4カ国によりパンパシフィック水泳協会が設立され、85年に第1回大会が東京・代々木オリンピックプールで開催された。2014年の第12回大会まで上記4カ国を舞台とし開催されており、アフリカ諸国や中国、韓国なども参加している。競泳とオープンウォータースイミング(遠泳)の2競技・36種目が競われる。入江陵介萩野公介などは、本選手権で世界デビューした。

(2014-8-25)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パンパシフィック水泳選手権の関連キーワード環太平洋構想環太平洋経済圏構想太平洋協力セミナーパンパシフィック水泳選手権大会環太平洋環太平洋地震帯PECCRIMPAC環太平洋産業連関分析学会アジア太平洋地域地図会議

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パンパシフィック水泳選手権の関連情報