コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーンドゥ パーンドゥ Pāṇḍu

1件 の用語解説(パーンドゥの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パーンドゥ
パーンドゥ
Pāṇḍu

インドの大叙事詩マハーバーラタ』に登場する王の名。プリター (クンティー夫人 ) との間にユディシュティラアルジュナ,ビーマの3王子を,第2夫人マードリーとの間にナクラ,サハデーバの2王子をもうけた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のパーンドゥの言及

【バーラタバルシャ】より

…バラタ王は《リグ・ベーダ》時代の遠い昔に,北インドに雄飛した伝説的帝王で,その子孫はバラタ族と呼ばれた。大叙事詩《マハーバーラタ》に主役を演ずるクル族とパーンドゥ族は,ともにバラタ族に属する王族である。【田中 於菟弥】。…

【マハーバーラタ】より

…伝説によるとビヤーサという仙人が5人の弟子に伝え,その一人であるバイシャンパーヤナがジャナメージャヤ王の催した蛇退治の祭祀のおりに初めてこれを唱えたといわれている。実際は前10世紀ころにクルクシェートラ(現在のデリー近郊)で起こったと思われる,バラタ族の領土にまつわる親族間(クル族とパーンドゥ族)の争いを主題とする物語を吟遊詩人が伝えるうち,雑多な要素が混入し,増広され,後5世紀ころにほぼ現形に近づいたものと思われる。 中核の戦争物語は6~10巻に語られ,先行の1~5巻は戦争のよってきたる経緯を物語り,後続の11~18巻は大戦後の処理と,戦勝した王子の死に至るまでの後日譚を伝えている。…

※「パーンドゥ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パーンドゥの関連キーワードクリシュナサービトリー物語マハーバーラタラージャシェーカラバーラト摩訶婆羅多バーラタナーティヤム横浜ハーバースバーラタバルシャマハーバリプラムの建造物群

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone