コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒキヨモギ(引蓬) ヒキヨモギSiphonostegia chinensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒキヨモギ(引蓬)
ヒキヨモギ
Siphonostegia chinensis

ゴマノハグサ科の半寄生一年草。日本全土をはじめ東アジアに広く分布し,日当りのよい草地に生える。茎の高さ 30~60cmとなり,表面はざらつく。葉は三角形で羽状に深裂し,翼のある柄をつける。花は8月頃,葉腋に長さ2~3cmの淡黄色の唇形花をつける。花冠は2唇形で下唇は3裂する。 蒴果は萼筒に包まれ,楕円形の多数の種子がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヒキヨモギ(引蓬)の関連キーワードゴマノハグサ科

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android