ゴマノハグサ科(読み)ゴマノハグサか(英語表記)Scrophulariaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴマノハグサ科
ゴマノハグサか
Scrophulariaceae

双子葉植物ハナシノブ目の1科で,約 200属 3000種を含み世界の温帯から熱帯に広く分布する。多くは草であるが,まれにキリなどのように大型の木本もある。花冠は合弁左右相称,多少とも唇形である。子房は通常2室で中軸胎座に多数の倒生胚珠をつけ,果実は 蒴果または液果で多数の種子を含む。シソ科近縁であるが,シソ科は子房 (および果実) が4室に分れる。日本には約 25属 100種あまりが知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴマノハグサ科
ごまのはぐさか
[学]Scrophulariaceae

双子葉植物、合弁花類。多くは草であるがまれに高木もある。葉は単葉で対生するが、互生または輪生するものもある。花は両性で左右相称、多くは唇形花冠をもつ。雄しべは2本または4本で花筒に付着する。子房は2室で、中軸胎座に数個から多数の胚珠(はいしゅ)がつく。(さくか)で、まれに液果もある。約220属3000種あり、熱帯から寒帯に広く分布する。キクガラクサ亜科、モウズイカ亜科、ゴマノハグサ亜科、シオガマギク亜科に大別される。日本には27属98種ほど野生する。イヌノフグリ、ウリクサ、サギゴケ、クガイソウ、キリ、コゴメグサなど多くのものがある。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のゴマノハグサ科の言及

【ゴマノハグサ】より

…やや湿った草原に生えるゴマノハグサ科の多年草(イラスト)。名は胡麻葉草で,葉の形がゴマの葉に似るのでいう。…

※「ゴマノハグサ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android