コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒴果 さくか capsule

翻訳|capsule

6件 の用語解説(蒴果の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蒴果
さくか
capsule

果実のうち,乾燥して裂けて種子を放出する裂開果のうちの一形式。果皮が乾燥して,基部から上に向って裂ける。アサガオホウセンカなどはこの例。 蒴果のうち,果皮がふたのように上にはずれるものを蓋果 (がいか) という (例:マツバボタンスベリヒユ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さく‐か〔‐クワ〕【×蒴果】

果実の一種。子房に数室あって、2枚以上の心皮から成熟してできた果実。成熟すると心皮と同数の裂片に裂け、種子を散布する。アサガオカタバミなどにみられる。さっか。→裂開果

さっ‐か〔サククワ〕【×蒴果】

さくか(蒴果)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さくか【蒴果】

裂果の一種。二枚以上の心皮からなる子房で、成熟すると果皮が乾燥し、縦に開裂して種子を出す。アサガオ・ホウセンカなどの実。蒴。さっか。

さっか【蒴果】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


さくか

乾果(乾燥果)で裂開する果実。2枚以上の心皮が成熟すると、果皮が乾いて心皮の境または背部が縦に裂け、種子を散布する。アヤメ属やラン科の植物の果実は果である。また、果実の一部が裂けて孔(あな)を生じたり(孔開果)、果実の上部が蓋(ふた)のようにとれるもの(蓋果(がいか))もある。[吉田 治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の蒴果の言及

【実】より

…このように自動的に種子を飛ばすものもあるが,裂果の多くは風などでゆれることにより小さい種子を飛ばす受動型である。裂果はさらに袋果follicle(離生めしべで,1ヵ所で縦に裂ける),豆果legume(マメ科のように1心皮性だが,心皮の腹側と背側で裂開する),蒴果(さくか)capsule(合生めしべ)などに分けられる。 閉果は一つの子房室にふつう一つの種子がある実にみられる。…

※「蒴果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

蒴果の関連キーワード環帯痩果メース油チャン小臭木袋果長角果豆果放精裂開果

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蒴果の関連情報