コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒッポカンポス ヒッポカンポスhippocampus

翻訳|hippocampus

1件 の用語解説(ヒッポカンポスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ヒッポカンポス(hippocampus)

ギリシャ神話で、海神ポセイドンが乗る車を引く海の怪物。頭と胴は馬で、魚の尾を持ち、前脚に水掻きがある。
英語などで、タツノオトシゴのこと。また、転じて、脳の深部にある海馬をいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヒッポカンポスの言及

【海馬】より

…脳の内部にある古い大脳皮質部分で,その原始型は魚類や両生類にもみられる。ギリシア神話に登場する海神ポセイドンが乗る海の怪物ヒッポカンポスHippokamposの下半身についている魚の尾の形にこの部分が似ているので名づけられた。海馬にはさらに海馬采,海馬足,海馬鉤などの部分的名称が与えられている。…

※「ヒッポカンポス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone