コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜の落(と)し子 タツノオトシゴ

デジタル大辞泉の解説

たつ‐の‐おとしご【竜の落(と)し子】

ヨウジウオ科の海水魚内湾藻場に多く、全長約10センチ、褐色。体は骨板に覆われ、頭部は馬に似て、腹びれ・尾びれを欠き、細長く伸びた尾部を海草に巻きつけて休んだり、直立したまま静かに移動したりする。雄は下腹部育児嚢(いくじのう)を備え、雌が産み入れた卵を孵化(ふか)させる。日本では同属のオオウミウマ・イバラタツなどもいる。干物を安産のお守りにする。海馬(かいば)。うみうま。うまうお。たつのこま。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

竜の落(と)し子の関連キーワード育児嚢

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android