コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜の落(と)し子 タツノオトシゴ

デジタル大辞泉の解説

たつ‐の‐おとしご【竜の落(と)し子】

ヨウジウオ科の海水魚内湾藻場に多く、全長約10センチ、褐色。体は骨板に覆われ、頭部は馬に似て、腹びれ・尾びれを欠き、細長く伸びた尾部を海草に巻きつけて休んだり、直立したまま静かに移動したりする。雄は下腹部育児嚢(いくじのう)を備え、雌が産み入れた卵を孵化(ふか)させる。日本では同属のオオウミウマ・イバラタツなどもいる。干物を安産のお守りにする。海馬(かいば)。うみうま。うまうお。たつのこま。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

竜の落(と)し子の関連キーワード育児嚢

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android