怪物(読み)カイブツ

デジタル大辞泉の解説

かい‐ぶつ〔クワイ‐〕【怪物】

正体のわからない、不気味な生き物。
性質・行動・力量などが人並外れた人物。「政界の怪物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かいぶつ【怪物 monster】

正体不明の生物や物体,とりわけ醜悪・不快・恐怖などの念を抱かせる存在の総称に用いられる語。また奇形の意味にも用いられる。奇形の誕生は古代にあって凶兆とされ,モンスターという英語もラテン語monstrum(兆候,警告の意)に由来する。一般に怪物と呼ばれるものは想像の産物が多く,いくばくかの事実や伝承を核に,人間の持つさまざまな不安や畏怖が投影されて成立した一種のシンボルともいえる。分類すれば,(1)ドラゴンバジリスクなど,何種類かの生物の形態を混合したもの,(2)巨大ないし矮小なもの,(3)正常な同種と形態を異にするもの,に大別できる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かいぶつ【怪物】

得体の知れない不気味な生き物。ばけもの。
理解しがたいほどの不思議な力をもっている人や物。また、とび抜けた実力や強い影響力・支配力をもつ人物。 「コンピューターという現代の-」 「政界の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

怪物の関連情報