コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒドロキソコバラミン ヒドロキソコバラミン hydroxocobalamin

2件 の用語解説(ヒドロキソコバラミンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒドロキソコバラミン
ヒドロキソコバラミン
hydroxocobalamin

シアノコバラミン (ビタミン B12 ) のシアン基をオキシ基に置換したもの。作用,副作用,臨床応用はシアノコバラミンと同様であるが,排泄が遅くなるので,効果が強く持続的になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ヒドロキソコバラミン

 ビタミンB12のコバルトに,配位する基がOHであるもの.ビタミンB12aともいわれた.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヒドロキソコバラミンの言及

【コバラミン】より

…巨大環状配位子コリンが酸化数IIIのコバルトに配位して平面を形成し,環の一部に結合した複雑なリン酸基,糖,有機塩基から成る置換基部分の有機塩基(5,6‐ジメチルベンゾイミダゾール)が平面の片側からコバルトに配位し,第六の配位子Xが平面の反対側に配位した錯体の総称。X=CN,すなわちシアノコバラミンがビタミンB12,X=OH,すなわちヒドロキソコバラミンがビタミンB12bである。補酵素B12ではX=5′‐デオキシアデノシル基で,5′‐炭素原子が直接コバルトに結合しており,生命系中で見いだされた最初の有機金属化合物である。…

※「ヒドロキソコバラミン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒドロキソコバラミンの関連キーワードシアノコバラミンコバラミンアクアコバラミンアデノシルコバラミンシアノコバラミン欠乏シアノコバラミン当量ニトリトコバラミンビタミンB12欠乏ビタミンB12補酵素メチルコバラミン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone