コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒバ・ハーン国 ヒバハーンこく

世界大百科事典 第2版の解説

ヒバハーンこく【ヒバ・ハーン国】

中央アジアのアム・ダリヤ下流のヒバKhivaを首都(はじめはウルゲンチ)に,ホラズム地方とその周辺部を版図としたウズベク族の国家。1512‐1920年。ハーン権力が弱くて内紛が絶えず,実権はクングラット族が握っていった。また,ブハラ・ハーン国イラントルクメン遊牧民の侵入に苦しみ,産業・文化も低調だった。こうしたなかで,アブー・アルガージー・バハードゥル・ハーンAbū al‐Ghāzī Bahādur Khān(在位1643‐63)は,《トルコ族の系譜》などの史書を著した歴史家としても名高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のヒバ・ハーン国の言及

【ウズベキスタン】より

…20年以降は,ヒバ,ブハラ両ハーン国の地域を拠点とする農民のバスマチ運動との戦いがつづいた。ヒバ・ハーン国では18年トルクメンのジュナイド・ハーンが独裁をしき,ウズベク農民を抑圧していたが,革命によって20年4月ホラズム人民ソビエト共和国が成立,23年10月に社会主義共和国となった。ブハラ・ハーン国でも20年夏の革命によって青年ブハラ党が政権をとり,10月にブハラ人民ソビエト共和国,24年9月ブハラ・ソビエト社会主義共和国となった。…

※「ヒバ・ハーン国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒバ・ハーン国の関連キーワードブハラ・ハーン国イチャン・カラチャガタイ語

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android