圧迫(読み)あっぱく

精選版 日本国語大辞典「圧迫」の解説

あっ‐ぱく【圧迫】

〘名〙
① 力でおさえつけること。圧力を加えること。
※医範提綱(1805)一「其膿若し胸腔内に漏泄して留瀦すれば及び横膈を圧迫して其運動の機を妨け」
② 心理的、精神的に威圧感を与えること。また、勢力をもって政治的、軍事的に相手をおさえつけること。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一一「喧嘩も昔しの喧嘩は暴力で圧迫するのだから却って罪はなかったが」
[語誌]漢籍には用例が見当たらず、また、ロプシャイトの「英華字典」にも、“press” や “pressure” の訳語としては「圧迫」の文字は見えない。日本の文献では、①の意味で、蘭学資料にみえる例が古く、医学や化学の分野において、オランダ語の翻訳に起源を持つものと考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「圧迫」の解説

あっ‐ぱく【圧迫】

[名](スル)
強くおしつけること。「胸を圧迫する」
武力や権力などで押さえつけること。威圧。「大国の軍拡は近隣諸国を圧迫する」
押さえつけて規模を縮小させること。「物価高で家計が圧迫される」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android