史書(読み)シショ

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐しょ【史書】

〘名〙 歴史を叙述した書物。歴史書。史籍
※菅家文草(900頃)四・客舎書籍「謳吟白氏新篇籍、講授班家旧史書」
※太平記(14C後)三五「史書(シショ)の載する所、世の治乱を勘ふるに」 〔漢書‐元帝紀賛〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の史書の言及

【歴史】より

…本項では,歴史意識や歴史叙述のあり方をいくつかの地域に即して概観するが,近代以後の歴史学については別項〈歴史学〉をあわせて参照されたい。
【ヨーロッパ】

[歴史叙述の発生]
 探究の対象として歴史を把握したギリシア人は,ヨーロッパ世界にあって初めて歴史書を残した。ヘロドトスは前5世紀のペルシア戦争を事件の経過に従って忠実に再現しようとしたが,その際にも,諸民族が置かれた地理的条件を考察するなど,探究の意志が働いている。…

※「史書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

史書の関連情報