コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

史書 シショ

大辞林 第三版の解説

ししょ【史書】

歴史を記述した書物。史籍。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の史書の言及

【歴史】より

…本項では,歴史意識や歴史叙述のあり方をいくつかの地域に即して概観するが,近代以後の歴史学については別項〈歴史学〉をあわせて参照されたい。
【ヨーロッパ】

[歴史叙述の発生]
 探究の対象として歴史を把握したギリシア人は,ヨーロッパ世界にあって初めて歴史書を残した。ヘロドトスは前5世紀のペルシア戦争を事件の経過に従って忠実に再現しようとしたが,その際にも,諸民族が置かれた地理的条件を考察するなど,探究の意志が働いている。…

※「史書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

史書の関連キーワードポンサーワダン通鑑紀事本末国語(書名)異称日本伝歴世服飾考中山世鑑十八史略文献通考呉越春秋池辺義象経史子集難太平記戦国策新国史アラン天皇記三史繹史史局黎軒

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

史書の関連情報