コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒベルノ・サクソン様式 ヒベルノ・サクソンようしきHiberno-Saxon style

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒベルノ・サクソン様式
ヒベルノ・サクソンようしき
Hiberno-Saxon style

アイルランド (ヒベルノ) とイギリス南部のアングロ・サクソンとの交流の結果生じた装飾芸術の様式をいう。アイルランド修道士たちがイギリス北部に渡り (635) ,次第に交流が深まり,非キリスト教アングロ・サクソンの動物組紐文,明るい色彩などを吸収した。のちに地中海美術の影響も受けるが,基本的性格は独特の精密華麗な抽象文とエマイユや金属工芸を思わせる強い色彩にある (→サットンフーの墳墓 ) 。作品例は『リンディスファーン福音書』 (698,大英博物館) ,『ダロウの書』 (680頃,ダブリン,トリニティ・カレッジ) ,『ケルズの書』 (700,同) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android