コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒボタン(緋牡丹) ヒボタンGymnocalycium×rubra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒボタン(緋牡丹)
ヒボタン
Gymnocalycium×rubra

サボテン科ギムノカリキウム属の緋色のサボテンの一群。ボタンギョク (牡丹玉) G.mihanovichiiの実生から見出された緋赤色の個体をもとに作出された。園芸品種が多くあり,ズイウンマル (瑞雲丸) G.mihanovichiiやスイコウカン (翠晃冠) G.anisitsiiなども交配親になっている。扁平な球形で稜 (りょう) があるが,品種によって稜の数が異なる。体色も緋赤色のほかにピンクがある。花色はピンクまたは白色。葉緑体を欠くため光合成ができず,サンカクチュウ類 Hylocereus spp.など別属のサボテンに接木した状態で鉢植えが流通する。よく日に当て,春から秋の高温期は鉢土が乾いたら水を与える。冬期は水を控えて室内で5℃以上に保つとよい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android