コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビエンチャン行動計画 ビエンチャンコウドウケイカク

デジタル大辞泉の解説

ビエンチャン‐こうどうけいかく〔‐カウドウケイクワク〕【ビエンチャン行動計画】

クラスター爆弾禁止条約の実効性を確保するための行動計画。2010年11月にラオスのビエンチャンで開催された第1回締約国会議で採択。締約国に対して自国での条約発効後1年以内に保有弾廃棄計画の作成を求めるなど66項目からなる。→ビエンチャン宣言

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android