コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビエンヌ県 ビエンヌVienne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビエンヌ〔県〕
ビエンヌ
Vienne

フランス西部,ポアトゥーシャラント地域 (レジオン) の県。マシフサントラル (中央山地) 北西麓に広がる県。旧ポアトゥー州東部のほか,ツーレーヌ,ベリー,アンジュー各州の一部を含む。県都ポアティエ。ポアティエ東部を北流するクラン川左岸地域の北部は砂質岩石から成る丘陵地で,森林が多く,野菜,果樹の栽培が盛ん。左岸中流域は石灰岩質の台地で,穀物,牧草,ブドウなどが栽培される。クラン川右岸および以東の地域は低木森林地帯で,林業が盛んである一方,ウシ,ブタの飼育なども行われる。工業はポアティエとシャテルロー地区に集中。面積 6990km2。人口 37万 9977 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ビエンヌ県の関連キーワードサンサバンシュルガルタンプ修道院付属教会オラドゥール・シュル・グラヌアングル・シュル・ラングランノートルダムラグランド教会サン・サバン修道院聖堂ポワトゥーシャラントサン・サバン聖堂サンジャン洗礼堂トゥーレーヌサン・サバンジロドゥーリモージュリムーザンサンサバンマルシュ洞窟絵画ポアチエ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android