ビスコース法レーヨン工業の発祥を示す資料(読み)びすこーすほうれーよんこうぎょうのはっしょうをしめすしりょう

事典 日本の地域遺産の解説

ビスコース法レーヨン工業の発祥を示す資料

(山形県米沢市城南4-3-16 山形大学工学部)
化学遺産」指定の地域遺産〔第005号〕。
旧米沢高等工業学校(現・山形大学工学部)教授であった秦逸三久村清太の共同研究により日本で初めて「ビスコース法レーヨン」の製造に成功した。(1)旧米沢高等工業学校(現山形大学工学部)旧秦研究室遺留品のレーヨン糸、ガラス製ノズル、実験器具 (2)米沢工場初期の人絹糸 (3)米沢人造絹糸製造所創業時の木製紡糸機模型

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android