ビットスライス(英語表記)bit slice

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビットスライス
bit slice

コンピュータでの加算や減算は1語単位に行うのが普通で,論理回路もそのようにつくられるが,8ビット,4ビット,さらには1ビット単位での加減算の論理素子をつくっておき,これらを組合せて1語単位の加減算を行うような回路構成が行われる場合がある。この場合を8ビットスライス,4ビットスライスなどと呼んでいる。すなわち1語を8ビット,4ビットごとに切って (スライスして) その範囲内での演算素子の組合せにより全体を組立てる方式である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android