減算(読み)げんざん

精選版 日本国語大辞典「減算」の解説

げん‐ざん【減算】

〘名〙 ひき算。減法。⇔加算
※零の発見(1939)〈吉田洋一〉一八「違ふ所はただ一々の算が極めて簡便に機械的に行はれるといふことと減算の回数が自動的に記録されるといふことだけなのである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android