コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビューフォート風力階級表 ビューフォートふうりょくかいきゅうひょうBeaufort scale

翻訳|Beaufort scale

1件 の用語解説(ビューフォート風力階級表の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビューフォート風力階級表
ビューフォートふうりょくかいきゅうひょう
Beaufort scale

イギリスのフランシスビューフォートが 1805年に考案した風力階級表。現在も国際的に認められており,0から 12までの 13段階に分類されている。それぞれの風力によって起こされる陸上と海上の典型的な状態の解説がつけられているため,ほぼ正確に風力を目測することができる。日本では,これを改正したものを気象庁風力階級表と名づけて使用している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone