コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビル・アトキンソン びるあときんそん

1件 の用語解説(ビル・アトキンソンの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ビル・アトキンソン

初期のMacintoshソフトウェアの開発者の1人で、カード型のハイパーテキスト作成ソフトウェアであるHyperCardを開発したプログラマーとして有名。1978年に米Apple社に入社。Lisaの開発プロジェクトでは、グラフィックス基本設計、インターフェイス、QuickDrawなどを担当。Macintoshの開発プロジェクトでは、スティーブ・キャプス氏とともにFinderや後のグラフィックソフトに影響を与えたペイントソフトであるMacPaintの開発にも携わる。その後開発したHyperCardは、すべてのMacintoshにバンドルされた。その後、MagicCapというペンベースの携帯情報機器の開発をしていたが、社内の同じカテゴリー製品であったNewtonとの争いの末、同社を退社。現在は写真家として活動している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビル・アトキンソンの関連キーワードソフトハウス評価版ソフトウエアハウスフリーソフトウエアカスタムソフトウエアオーサリング・ソフトウェア

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone