コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピクチャー・イン・ピクチャー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ピクチャー・イン・ピクチャー

画面の中に別の画面をはめ込む表示。ビデオ編集ソフトなどでは、主たる画面を全体に映し出して、副次的な情報を露出するための“子画面"を小さく映し出す表現で使われる。ビデオ編集ソフトでリアルタイムプレビューしながら編集・加工するには、2つ以上の映像データを同時に再生(デコード)する必要があるが、最近のCPUやグラフィックスアクセラレーターの動画演算処理性能の向上により、これをサポートするビデオ編集ソフトが増えている。また、液晶ディスプレーやTVチューナーカード/TVチューナー内蔵パソコンなどで複数のTVチューナーを同時に利用できる場合は、全画面表示したTV画面と、別のチャンネルのTV画面を同時に表示することで、裏番組を視聴できる機能をウリにする製品もある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピクチャー・イン・ピクチャーの関連情報