コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピケヌム Picenum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピケヌム
Picenum

古代イタリア半島中央部東岸の地方。現アンコナとサングロ川の間に位置する。北はノビラリア,南はベルモンテ付近を中心に発展,ここに居住するピケヌム人は前7世紀頃にはギリシアとの通商も行なっていた。芸術的にはすぐれていないが,好戦的な鉄器時代人の埋葬の跡や,東方との交渉をうかがわせる琥珀製品などが見つかっている。前 268年ローマに征服された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ピケヌムの関連キーワードアスコリ・ピチェーノウンブリア[古代]ウェンチディウスムニキピウムポンペイウスフェルモ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android