ピサの洗礼堂(読み)ピサのせんれいどう

世界の観光地名がわかる事典の解説

ピサのせんれいどう【ピサの洗礼堂】

イタリア中部トスカーナ地方の都市ピサ(Pisa)に位置する、ドゥオーモ(大聖堂)やピサの斜塔があるドゥオーモ広場にある洗礼堂。高さ54.85m、直径35.5mの、ロマネスク様式ゴシック様式が融合したピサロマネスク様式のクーポラがある円形の大理石の建造物で、1層目はロマネスク様式、2層目はゴシック様式になっている。1152年にディオティサルヴィの設計により着工した。13世紀にニコラ・ピサーノ、ジョバンニ・ピサーノらにより手が加えられてゴシック様式を取り込んだ建物になり、14世紀半ばに現在の建物がほぼ整った。聖人などの彫刻は、ニコラ・ピサーノ、ジョバンニ・ピサーノらの作品である。◇現地名は「Battistero di San Giovanni 」。クーポラの上にサン・ジョヴァンニの象が建っていることから「サン・ジョヴァンニの洗礼堂」とも呼ばれている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android